ストレスで悩んでいるあなた!食事で改善、対策を

バランスの良い食事でストレス解消を

ストレスには生活・職場環境や人間関係など、様々な原因が考えられますが、食生活もストレスに密接に関係しているといわれています。基本は一日3食、バランスの良い食事を摂ることが、健康に良いとされています。

 

しかし、毎日の忙しい生活を送る中で、一日3食きちんと食べている人は、意外に少ないという調査報告があります。

 

ストレスに負けない身体づくりのためには、バランスの取れた食生活が必要不可欠です。

 

最近は、コンビニエンスストアや外食など、手軽に食事を摂ることができる環境ですが、つい同じようなメニューが続いてしまい、栄養が偏りがちです。

 

心の健康のためにも、普段からストレスを感じている人は、抵抗力を高めるビタミンCやβカロチンを含む緑黄色野菜、疲労回復に役立つビタミンB群である大豆製品、身体の調子を整える海藻類を積極的に摂取し、バランスの良い食事をする必要があります。

 

 

 

また、「食べる」という行為は、単に栄養を摂るためだけのものではありません。緊張を和らげ、精神を安定させるものであり、和やかな雰囲気の中での食事は、ストレス解消にも効果があります。夕食は家族や友人たちとゆっくり食事をするなど、食事をより豊かなものにし、ストレスを緩和しながらストレスに良い食べ物を探しながら色々なページを見て勉強しましょう。


スポンサードリンク

食べ物でストレス解消

食べ物でストレス解消をしているという方も多くいらっしゃいます。
大好きな食べ物を食べると嫌なことも忘れてしまう、実はとても素敵なことなのではないでしょうか?

 

食欲によって、精神的な安らぎと満足感を得ることで、そのときだけでもストレス解消になり、よし頑張ろうと思えるのですから。

 

ただし、暴飲暴食だけは避けてほしいと思います。

 

というのも、ストレス解消が食べ物に走ってしまうことになると、それが癖になって肥満の入り口になってしまうこともあります。

 

食べないとストレス解消ができないということになると、末期症状ということになり、健康を害することになります。

 

食べ物でストレス解消そのものは決して悪いことではないのですが、健康を害さない程度のものだけは良い判断することができます。

 

同様にお酒の場合のストレス解消は、待ったのイエローカードです。
お酒だけは、ちょっとだけのブレーキが効かないので、エスカレートしてしまいます。

 

と言っても、ストレス解消のお酒はおいしい、というのもわかります。

 

食べ物でストレス解消をする場合は、自分なりのブレーキを決めて、オーバーヒートをしないようにすることが大切です。

 

 

それと、決して独りでではなく、わいわいとストレスを話しながら行うことを提案します。

ストレスとは?

スポンサードリンク

ストレス解消とは、その方の生き方を有意義にすると同時に、健康的な毎日を過ごすことを言います。

 

あなたにはどんなストレスがありますか?と質問をされた時に、んーー?と考えてしまうようであれば、あえてストレス解消は必要ないかもしれません。

 

しかし、即座に○○と回答する場合は、何かしらのストレス解消を考えたほうが良いとも言えます。

 

また、○○と回答できることで、自分でストレスをわかっている点においては、じゃ美味しいものを食べに行こうとか、スポーツでもやろうよと、誘うこともできます。
ただストレスを溜めて精神的苦痛を味わうスポーツはなるべく避けましょう。

 

ストレス解消をしましょうと言って、できる方は心配はないのですが人にも言えない心のもやもやがずっと続いている、どうしよう、なんか具合も悪くなってきた、あーあ、という方にこそ、ちょっとしたストレス解消をしてみませんか?という結論になります。

 

自分でも気が付かず(触れることで怖いという感覚)、ストレスに体や精神が蝕まれるということはよくあります。

 

それがいけないと言うのではありません。

 

これがストレスと形で現れないこともありますから、毎日何かしら自分の好きな時間を作るようにして、体や精神を守ることを考えてください。

 

 

それが結果的にストレス解消となり美味しいご飯でも、趣味の時間でも、寝ることもすべてストレス解消、その方にとって気持の良い時間となり、体や精神を守っていることになります。

サイトマップ

ストレスお役立ち情報